• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
  
投稿日時: 2010-03-29 13:41:48 (3582 ヒット)

”郁”は”鬱”の略字として中国漢方で使われています。

肝気郁結(かんきうっけつ)ともいいます。
肝気(かんき)というのは、自律神経系の機能を意味して、その気が鬱滞すると
ストレス、緊張、抑うつなどによりイライラ憂鬱、怒り、ヒステリーなどの
精神症状や胸脇部に脹りや重苦しさが起ります。


投稿日時: 2010-03-24 13:41:39 (3142 ヒット)

”お”は”病だれに於”の文字。
活血化お(かっけつかお)とは、”お血を取り去り、血を活き活きとめぐらせる”
という意味で、血液サラサラの漢方用語と理解するのが簡単でしょう。

その代表処方に、中国処方の冠心狭翳を日本版に改良した冠元顆粒があります。


投稿日時: 2010-02-22 11:29:36 (2540 ヒット)

衛気のこと。衛気は陽に属するので衛陽ともいいます。

念のため 衛気とは、中国の漢方医学でいう「気」の一種で、主に皮膚や粘膜に存在する免疫力のことで、血管の外側、体表に存在するものです。
玉屏風散(衛益顆粒)がこの衛気を強めます。


投稿日時: 2010-02-08 10:47:39 (2935 ヒット)

衛気とは、脈の外を流れる気のこと。体を温め、皮膚に栄養と潤いを与え、皮毛の開閉を調節します。また、皮膚を保護し、外邪の侵入を防いでいます。

衛気不固(えいきふこ)とは、この気の固摂の機能失調の一つで、汗や尿が漏れたり、免疫力が低下するなどの症状が出てきます。


投稿日時: 2010-01-25 14:18:21 (2576 ヒット)

「神」は精神や意識のこと「昏」はぼんやりとすること。
「神昏」とは、意識がもうろうとしてはっきりしないことや人事不省となる症候のことを言います。

漢方的には、邪が清竅を塞いで、神明を覆い隠して起こることが多く、現代医学でいう脳卒中やてんかん発作などがこれに当たる。


投稿日時: 2010-01-19 13:49:58 (2264 ヒット)

小児の病気の一つで、筋肉の発育不全から起こる症候。
頭項軟・手軟・足軟・口軟・筋肉軟の五つを五軟といっています。

頭項軟は首がすわらない・手軟は物を握ったり持ち上げたりできない・足軟は立てない・口軟は唇が薄く、噛む力がない・筋肉軟は筋肉がゆるみ動きに力がないことをいいます。
先天的な腎気の不足や後天的な栄養不足による脾胃の損傷が原因となります。


投稿日時: 2010-01-10 14:02:08 (2145 ヒット)

腹中雷鳴ともいい、腹の中で雷のような音がすることをいいます。
多くは中気不足(お腹の力不足)や腸内の邪気により発症します。

補中益気湯や半夏瀉心湯、甘草瀉心湯、生姜瀉心湯などの漢方を使うときにみられる症状です。


投稿日時: 2009-12-21 15:41:16 (2273 ヒット)

口の中にあふれる唾液のこと。
その中でサラサラしたものを涎。粘稠なものを唾。
涎には口の中を潤す作用があり、脾によって化生され、唾には食物の消化を助ける作用があって腎によって化生されると考えてています。


脾は涎を主る 腎は唾を主る といいます。


投稿日時: 2009-12-05 16:20:18 (2548 ヒット)

子供の発育不全5種(立遅・行遅・髪遅・歯遅・語遅)のこと。

立遅:1歳になっても一人で立っていられない
行遅:1歳になっても一人で歩けない
髪遅:出生時に髪の毛がなく、日がたっても生えてこない
歯遅:10ヶ月たっても歯が出てこない
語遅:4-5歳になってもしゃべらない

五遅の多くは、先天の気の不足・早産・栄養失調・母乳不足などで、
肝腎虚・気血不足となり発症すると考え、健脾補腎の治療が基本となる。


投稿日時: 2009-11-20 15:19:58 (1883 ヒット)

”傷”とは”障害”のこと。”傷風”とは、体表が風邪(ふうじゃ)により傷められて起こる病症で、風寒または風熱などにさらに分類される。

習慣的に傷風感冒とか感冒といわれている。


投稿日時: 2009-11-10 14:29:45 (1685 ヒット)

「増水」とは、津液(体液)を増やすという意味。「舟」とは、大便のこと。
体液を増やし潤いをもたせて、便をスムーズに排泄させるということ。

水かさが多ければ、船の運航もスムーズとなることに似ているから、このように言われます。
代表処方は、増液湯です。


投稿日時: 2009-10-25 11:16:33 (1836 ヒット)

陰萎ともいいます。
男性が性機能が衰退する年齢に達しないのに、性交時に勃起しなかったり、勃起時間が短くなることをいいます。

現在のインポテンツ・EDと同義語です。


投稿日時: 2009-10-18 13:44:25 (1905 ヒット)

生殖機能の成熟を促す物質のこと。
男女の性機能の成熟と衰渇の指標で、人体の成長、発育を促進し、月経、妊娠を維持します。

女子は14歳、男子は16歳前後から腎中の精気が絶え間なく充満して天癸を産生します。


投稿日時: 2009-10-11 11:59:20 (2046 ヒット)

”厥”とは”コ型のくぼみに人か引っかかった様子”から来ていて、”つかえてもどす、のぼせる”などのときに使っている。

激しい怒りなどにより、気が上手く流れずに逆乱した状態をいう。


投稿日時: 2009-10-05 14:42:29 (2786 ヒット)

寄生虫の卵のついた野菜などを食べた場合に起こる疾患。

いわゆる寄生虫による病気のことで、人体に寄生する虫類には回虫、条虫、蟯虫(ぎょうちゅう)などがある。


投稿日時: 2009-09-22 16:23:59 (1841 ヒット)

”托”という字は、托鉢(たくはつ) [僧侶が修行のため鉢を持ってお経を唱えながら、米や金銭を恵んでもらう] の”托”で、「手のひらにのせる・あずける」という意味。

毒を強く制するのでなく、生体の防御力で追い出して治していくことをいう。


投稿日時: 2009-09-10 14:44:31 (2283 ヒット)

体の陽気(生命エネルギー)が極端に消耗して、まさに消失しようとしている危篤状態。西洋医学でのショック状態に相当します。

静と冷がその病態で、大汗・四肢冷感・顔面蒼白・倦怠・精神萎縮・呼吸減弱・脈微弱などの症状が出現します。


投稿日時: 2009-09-05 14:30:02 (1934 ヒット)

”清”は冷ますの意味、”利”はスムーズに流すの意味。
咽頭の熱をとり、大気がスムーズに出入りするようにすることをさします。

”利咽”ともいう。


投稿日時: 2009-08-30 15:31:55 (2012 ヒット)

熱邪や熱毒を解除するということで、現代医学的にとらえると、”感染症”や”ガン”などの病症に対応するものです。

感染と炎症を抑え、症状を軽減させ、腫瘍の進展を抑制する作用を発揮します。


投稿日時: 2009-08-23 10:18:36 (1761 ヒット)

”倒”は”さかさま・逆”のこと。倒経は下から出るはずの月経血が上から出るという意味で、生理中や生理前に鼻血などあることをいう。
月経血が減少したり、生理が止まるようなことが多い。


投稿日時: 2009-08-16 09:50:20 (1678 ヒット)

夜間には発熱しても朝には引き、早朝には逆に冷感が強く出てくるような症状のことをいいます。


投稿日時: 2009-08-10 13:22:03 (1846 ヒット)

催乳または通乳ともいい、乳汁を分泌させること。
”下”とは、流れの末端や下部を意味することから、体外に排出することをいう。


投稿日時: 2009-08-03 14:42:40 (1917 ヒット)

”注”とは、一ヶ所にとどまることを意味します。
他の場所から邪が血の流れにのって他の部位に運ばれ、とどまることを言います。
転移して多発的に発する疾患をさします。


投稿日時: 2009-07-29 14:42:33 (1704 ヒット)

精気が消耗したため、体液や気・血などの保持ができなくなり、多汗・自汗・盗汗・慢性下痢・遺精・帯下・慢性の咳・出血や不正出血などを引き起こすことをいいます。


投稿日時: 2009-07-15 10:40:04 (2480 ヒット)

ある病気の本(根本・本質)と標(現象・みかけ)を明確にして、その標と本を同時に治療していくということ。

局所治療と体質改善と理解するとよいでしょう。


投稿日時: 2009-07-14 13:35:36 (2202 ヒット)

"困"とは、気が囲まれて伸びることができなくなっているさまを表しています。
それより”動きがとれない、困る”などの意味となっています。

すなわち、脾胃(胃腸消化器系)が湿の邪に取り囲まれて、上手く機能できなくなった状態を言います。口の中が粘る、下痢、むくみ、食欲不振、吐き気、舌苔が汚く厚いなどの症状が出てきます。


投稿日時: 2009-06-28 10:34:09 (1773 ヒット)

過労・出血・多汗・嘔吐・下痢などによって、多量の気(元気)が消耗したことをきっかけに、体内の気を保持できなくなり、突然に気が流出した状態をいう。

過度の発汗・尿失禁・意識障害・微脈の状態を表します。
よし重症になったものを”脱証”といいます。


投稿日時: 2009-06-20 11:29:27 (2041 ヒット)

小便がクリーム状や米のとぎ汁のように混濁して、排尿が上手くいかない状態をいいます。
ヒカイという薬草があり、これは利湿でき清濁を分別し、湿濁を除去する膏淋の常用薬とされています。

ちなみに
漢方では「熱淋」「気淋」「血淋」「石淋」「膏淋」の5種類をまとめて”五淋”といっています。


投稿日時: 2009-06-15 10:44:24 (1751 ヒット)

砂淋又は砂石淋とも呼ばれています。 石淋とは、尿中の不純物を凝集させて、砂石を形成して、尿道を閉塞して起こる症状をさします。
現代の「結石」のこと。

ちなみに
漢方では「熱淋」「気淋」「血淋」「石淋」「膏淋」の5種類をまとめて”五淋”といっています。


投稿日時: 2009-06-11 10:44:17 (1757 ヒット)

頻尿・尿意急迫・残尿感・排尿痛・小便少量、たらたら出るといった泌尿器系の症状を総称して「淋」といいます。
現代医学の病名としては「尿路感染症」「結石」「前立腺炎」「腎盂腎炎」「乳び尿」などが近い病気にあたります。
漢方では「熱淋」「気淋」「血淋」「石淋」「膏淋」の5種類をまとめて”五淋”といっています。


(1) 2 3 4 ... 11 »
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX