• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
64.はしかと百日ぜきの予防と対策
投稿日時: 2007-06-30 14:47:37 (2562 ヒット)

ー若い人たちの間で、はしかや百日ぜきの集団感染が広がっています。私も大学生の子供がいるので、ニュースを見るたびに心配です。(50歳・女性)
 
 はしかはウイルス、百日ぜきは細菌ーと、種類もその症状も違いますが、体にとって外敵であることには違いありません。予防接種をしていても、抗体価の低下により発症する場合も考えられます。
 ウイルスや細菌などの外敵を防ぐために皮膚や粘膜に張り巡らされているバリアのことを、中医学では”衛気(えいき)”といいます。この衛気が弱くなると体調を崩しがちになります。今の若い人は、小さなころから清潔に清潔にと生活してきたため衛気が弱くなっているのかもしれませんね。そんな場合には、衛気を強める漢方「衛益顆粒」がお勧めです。また、人込みを避け、睡眠と栄養をしっかり取り、体の抵抗力を高めておくことも大切。そうすることで感染しても症状を軽く済ますことができるでしょう。
 しかし、衛気でも防衛できないほどのウイルスや細菌が攻め込んできたときには、戦うことが必要です。はしかの初期には「板藍根(ホソバタイセイの根)」、百日ぜきでは「五行草(スベリヒユ)」という薬草が役立ちます。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX