• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
65.夏を元気に乗り切るためには・・・
投稿日時: 2007-07-18 15:37:36 (2603 ヒット)

ー今年は猛暑になりそうですね。私は夏が苦手で毎年体調を崩します。良い対処法があれば教えてください。(26歳・女性)
 夏バテや夏風邪など、夏になると体調が悪くなる人は多いですね。中国漢方では夏の暑さを「暑邪(しょじゃ)」と言います。暑邪によって発汗過多になり、体液も気力も消費。汗をかく分、冷たいアイスやジュースをたくさん取ってしまいがちですが、これは禁物。胃腸の働きを低下させ、水分の代謝障害から「湿邪」という余分な水を抱え、体がむくんだり頭が重くなったりーといった症状を招きます。
 食欲不振や夏バテには、余分な湿邪を取り除き、新陳代謝を活発にする「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」がお勧め。おう吐や下痢を伴う夏風邪にも効果があります。風邪の場合は「板藍茶(ばんらんちゃ)」を一緒に飲むといいですよ。また、日中外に出る機会が多い人には、体に潤いとエネルギーを補ってくれる「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」を。熱中症の予防にもなります。
 漢方はもちろん、適度な水分と栄養補給、そしてクーラーに当たってばかりではなく体を動かして汗を流す生活を心掛けることが大切。あなたも夏を元気に乗り切りましょう。
 


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX