• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
66.漢方薬の安全性について
投稿日時: 2007-08-10 15:10:12 (2322 ヒット)

 ー最近、中国製品の安全性がテレビや新聞で取りざたされていますが漢方薬は大丈夫ですか。(55歳・女性)
 当薬局でもそのような問い合わせが増えていますが、私たち漢方薬局が扱う漢方薬のほとんどは医薬品で、厚生労働省の厳しい規格の下、原料・成分がチェックされているのでご安心ください。医薬品でなく食品扱いのものも、食品衛生法に基づき管理され、日本で製造されたものがほとんどです。
少し前までは、中国からお土産に買って帰った漢方薬に比べて、私たちが日本で販売する漢方薬が高いと怒られたこともありましたが、日本では研究や検査の費用がプラスされているのです。少し価格が高いというのも、ある意味”安全性の証”のようなものです。
 漢方薬は病院でも処方されるように、効果や品質の安定性が科学的にも証明されている薬です。近年は、大学の医学部のカリキュラムにも漢方医学が組み込まれており、漢方薬は今の日本の医療になくてはならない存在といえるでしょう。
今回の問題をきっかけに、中国も日本も、販売者も消費者も、価格より安全性重視に変わっていくことを願います。漢方について分からないことや不安な点があれば気軽にお尋ねください。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX