• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
6.中国の医薬品の選び方と注意点
投稿日時: 2002-08-30 16:08:55 (2687 ヒット)

 ニュースで個人輸入の中国ダイエット健康食品が問題となっていますので、今月はオリエンタルハーブの話はお休みにして、漢方薬や健康食品の選び方の注意点について紹介します。

必ずお店で、専門の薬剤師に相談してください

 漢方薬や健康食品は、個人の体質や症状、生活環境などの違いにより、用法・用量が異なりますので、インターネットや通販でなく、必ず信頼のできる専門の薬剤師の指導の下で、お店で購入して服用してください。

正規に輸入されたものには日本語で発売もとの表示が

 正規手続きを経て日本に輸入されたものは、日本語表示のパッケージで発売元の日本の会社名が必ずあるので、目安にしてください。

個人輸入やお土産の漢方薬や健康食品の表示は漢字

 当たり前のことですが、中国から個人輸入やお土産で買ってきたものは、成分の表示がすべて漢字です。例え、化学成分が含まれていてもその名前も漢字で書かれているということは、覚えておいてください。また、中国で売っているからといって、全て天然成分だけの漢方薬だけではありません。

名前は同じ でも中国と日本では成分や製造法が違うことも

 中国の法律では、薬や健康食品の処方成分全てを記載する義務はないようです。ですから、同じ名前の漢方薬や健康食品でも、中国で売られているものと、正規の手続きを経て日本に輸入されているものとは、必ずしも成分が同じとはいえません。



 いずれにしても自己判断での安易な服用は控えて、専門家に相談してから服用するようにしましょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX