• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
78.熱中症の予防に「麦味参顆粒」
投稿日時: 2008-08-04 15:47:49 (2879 ヒット)

−猛暑が続き、毎日炎天下で野球をする息子と、ゴルフに出掛ける主人が、熱中症で倒れないか心配です。(38歳・女性)
 夏休み真っただ中。未来のアスリートを目指して、太陽の下、練習に励んでいる子供も多いことでしょう。でも親御さんにしてみれば体調管理が気になるところ。
 炎天下で汗を大量にかくと、血液が濃くなって血流が悪くなったり、血の塊ができたりします。漢方では”汗は心の涙”といい、汗のかき過ぎは体液の消耗とともに心臓のエネルギーも失うと考えます。血液が詰まりやすくなっているところに、心臓の働きが低下するのですから、生命が危険にもさらされるというわけです。熱中症の予防に、水分の接収は確かに必要ですが、それだけでは不十分。ただ水分を取っているだけだと、食欲が減退したり、体が重く、だるくなったりします。
 そこでお勧めしたいのが、人参(にんじん)、麦門冬湯(ばくもんどう)、五味子(ごみし)の3種で構成され、”飲む点滴”といわれる漢方「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」。人参には汗とともに失われたエネルギーを補い、体力や心臓機能を高める作用、麦門冬、五味子には体液を作り、漏れを防ぐ作用があります。外出前に麦味参顆粒を1包飲み、また活動中にもスポーツ飲料に数包溶かして適宜飲むとよいでしょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX