• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
82.今年の風邪・インフルエンザ対策
投稿日時: 2008-12-15 09:51:56 (2424 ヒット)

−職場で風邪がはやっていても、いつも一人だけ引かずに元気な人がいます。
風邪を引きやすい私は「引く気がしない」と豪語する彼女がうらやましくてなりません。
体質の違いでしょうか。(27歳・女性)

 風邪やインフルエンザが流行しても、すぐにかかってしまう人、かからない人、かかっても軽く済む人がいますね。寝不足や栄養摂取に偏りがある人は、当然、抵抗力が落ちるのでかかりやすくなります。
でもそれ以前に、体の防衛力に違いがあるんですよ。
 ウイルスや細菌などの外敵を防ぐために皮膚や粘膜に張り巡らされているバリアのことを、中医学では”衛気(えいき)”といいます。この衛気が弱い人が、いつも一番に、そして何度も風邪を引きやすくなります。衛気を強め、免疫力を高めるためには「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」がお薦め。そして、外出の際にはマスクをして、帰宅時には手洗い、うがい、抗ウイルスの漢方と呼ばれる「板藍(ばんらん)茶」を飲み、予防に努めましょう。それでもかかってしまった場合は、「葛根湯」「天津感冒片」「勝湿顆粒」などを用いること。この三重の防衛体制で、今年も風邪を撃退しましょう。
 ちなみに、新型インフルエンザの世界的流行が心配される中、厚生労働省ではその対策の一環として、1人20〜25枚の不織布製マスクの備蓄を推奨しています。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX