• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
83.風邪初期の症状別対処法
投稿日時: 2009-01-15 11:34:02 (2390 ヒット)

 前回紹介した「衛益顆粒(えいえきかりゅう)」を飲んで免疫力を高め、マスクをして外出し、うがい・手洗いを欠かさなくても、風邪を引いたりインフルエンザにかかってしまう場合があります。そんなときに家庭でできる初期の対処法をお話しましょう。
 皆さんが病院に行くのは、急に熱が上がったり、市販の風邪薬で症状が治まらなかった時だと思います。でも、症状がひどくなる前の初期(入り口)で治せたらいいですよね。そこで覚えておいていただきたいのが、漢方の風邪3タイプと、抗ウイルスの漢方と呼ばれる板藍(ばんらん)根のお茶の活用です。
 ゾクゾクっとする”寒気”から始まるタイプは「葛根湯(かっこんとう)」、インフルエンザなどのように、急な”のどの痛み・熱”から始まるタイプは「銀翹散(ぎんぎょうさん)」、胃腸カゼなど”むかつき・下痢”から始まるタイプは「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」−と症状に応じて3つの漢方薬を、できるだけ早く板藍茶と併用することが大切です。
 これらは、せいぜい初期の2日間ぐらいまで。それ以降は症状により漢方が異なってきますので、医療機関や薬局にご相談下さい。板藍茶は、以降もずっと飲み続けることをお勧めします。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX