• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
93.微熱には「麦味参顆粒」
投稿日時: 2009-11-18 14:24:24 (2658 ヒット)

ー1人暮らしをしている父親が、最近風邪を引きました。高齢なので肺炎も心配していましたが、杞憂(きゆう)に終わり、一安心。ところが、せきなどの症状は良くなったものの、微熱が続いて下がりません。(58歳・女性)
 一概には言えませんが、症状から察するに、発熱の原因は体液の不足にあるかもしれません。この発熱をお風呂に例えて考えてみましょう。火力が同じでも、湯量が減ったら湯船の温度が上がるのと同じように体に潤いが無くなってきたお年寄りや大量に発汗した病み上がりの人は、体内の熱を制御できず、微熱(漢方では虚熱)が出やすいのです。
 この場合、漢方では、体液を補う「麦門冬(ばくもんとう)」、体液の消耗を防ぐ「五味子(ごみし)」、元気をつける人参を配合した「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」を飲みましょう。中国名は「生脈散(しょうみゃくさん)」。心臓の働きを強めるとともに十分な水分を補い、弱った脈を呼び戻す働きがあります。毛沢東の危篤時に使われたことは漢方の世界では有名な話。飲みやすい顆粒タイプで、1日1、2包を食前や食間に飲むと良いでしょう。
 また、高血圧や心臓病などの基礎疾患がある場合は、血管の拡張や血栓を予防し、血液の粘度を下げる作用がある「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」と組み合わせるとさらに効果が期待できます。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX