• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
94.季節性の風邪にも十分注意を
投稿日時: 2009-12-10 12:10:08 (2491 ヒット)

ー新型インフルエンザの感染が拡大していますね。持病があるので、マスク・うがい・手洗いを徹底して予防に努めていましたが、先日、高熱が出て風邪の症状が。病院で検査をすると、幸い陰性でホッとしているところです。(32歳・女性)
 夏前から、新型インフルエンザの心配が続きますが、寒さが本格化してくるこれからは、季節性の風邪や胃腸風邪にも注意が必要です。
 病気は、かかってから治すのではなく、かかる前に予防するーというのが漢方の基本的な考え方。風邪やインフルエンザの予防には、アブラナ科・ホソバタイセイの根が原料で、抗ウイルスの漢方と呼ばれる「板藍根(ばんらんこん)のお茶を飲み、このお茶でうがいをすることが有効です。飲んでも眠くならないので、車の運転や勉強にも支障が出ません。外出時には、板藍根のエキスを練りこんだのどアメを携帯しておくと良いですよ。
 どんなに気を付けていても、相談者のように、風邪を引いてしまうことはあります。そんな場合は、寒気から始まるタイプは「葛根湯(かっこんとう)」、急なのどの痛み・熱から始まるタイプは「銀翹散(ぎんぎょうさん)」、むかつき・下痢から始まるタイプは「かっ香正気散(かっこうしょうきさん)」ーと、症状に応じて3つの漢方薬を、板藍茶と併せてできるだけ早く飲むことをオススメします。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX