• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
100.口にするものの大切さ
投稿日時: 2010-06-18 15:17:35 (1896 ヒット)

−社会人になり、親元を離れて一人暮らしを始めた途端、、ひどい便秘になりました。思い当たる変化といえば、忙しくて自炊をする時間がなく、外食ばかりしていること。苦手な野菜を口にすることも減りました。やっぱり食生活が原因でしょうか。
                       (22歳・女性)
 普段何気なく口にしているものが私たちの体をつくり、良くも悪くも健康に影響を与えるということ。だから、決して食べ物を軽視してはいけないこと。今回のことは、そんな当たり前の事実に気付き、改めて自分の健康や食生活について考える良い機会になったことでしょう。
 口にするという意味では薬も食べ物も同じ。”薬食同源”という言葉もあるように、どちらも生命を養い、健康を維持する役割を持ちます。野菜としておなじみの山芋やシソが漢方薬として処方されている事実が、その良い例でしょう。
 漢方では体を構成する「気(生命のエネルギー)・血(血液とその機能)・水(体液)」の状態によって体質を診断します。そして食物の五味、酸・苦・甘・辛・鹹(かん・塩辛いの意)の持つ効用などを考慮し、体質に合った食養生(普段の食事による健康管理)を導き出します。
 自分の体質を知り、それを踏まえて食生活を見直すのが健康への第一歩。食べ物も薬も、”自分の体に合ったものを適量とること”が大切なのです。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX