• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
102.日焼けによるシミを防ぐには・・・
投稿日時: 2010-08-15 10:31:55 (2065 ヒット)

ー肌が弱く、普段から日焼けには気を付けていますが、先日、子どもと海に出掛けた際に帽子を忘れ、無防備にも長時間紫外線を浴びてしまいました。シミにならないか心配です。(32歳・女性)

 シミの正体はメラニン色素。肌の新陳代謝が低下すると皮膚再生が滞ってメラニンが表皮に残り、シミ・ソバカスとなります。漢方では、血が、全身に酸素・栄養・熱などを供給する働きをすると考え、その血が停滞した状態を「瘀血(おけつ)」といいます。シミのできにくい体づくりで大切なのは、全身の血の流れを良くして瘀血を取り除き、肌の新陳代謝を活発にすること。
 そこで日々のスキンケアにお勧めしたいのが、当帰を主成分とする「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」や、沙棘(さーじ)オイルが主成分の保湿クリーム「セ・サージ」。皮膚の再生を促進し、肌の老化を抑制するので、体の内外から日焼けによるシミを防ぎます。保湿と消炎が同時にできる漢方保湿クリーム「瑞花露(すいかろ)」も、入浴後のサポートに効果的。
 また、テレビの影響もあり、6月末から「紫根の化粧水」を作る原料となる紫根をお求めの方が増えています。紫根は「紫雲膏(しうんこう」という漢方軟膏の主成分で、やけどなどの症状に適用されるため、日焼けの後に紫根の化粧水をつけるのも良い方法でしょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX