• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
103.大盛況だった親子漢方教室
投稿日時: 2010-09-08 11:14:59 (2074 ヒット)

 夏休み恒例のこのイベントも今年で6回目。”薬食同源”の考え方、食の大切さを子どもたちに楽しく学んでもらうため、紙芝居を使ったクイズ形式で進めていきます。
 漢方と食べ物は全く別物だと思うかもしれませんが、自然のものを口にするという意味では同じ。その違いはどこにあるのでしょう。分かりやすい例を挙げると、同じ根っこでも、大根やニンジンはおいしくて栄養があるから食べ物。薬用人参はまずいけど体に良いから薬。トウモロコシのヒゲや柿のヘタのように、食べない部分も薬になる場合があります。そんな分類を教えると、子どもたちは好奇心たっぷりの表情で聞いてくれました。
 いくつかの漢方材料は、実際に触って、においをかいで、味わってもらいました。くさくて渋い動物の骨の化石、セミの抜け殻、イグサ、ナスのヘタ、水晶も薬になることを話すと目を丸くして驚いていましたね。
 参加した方からは下記のような感想が寄せられ、うれしく思っています。

<子どもの感想>
家にあるものが、お薬になることにびっくりしました。捨てるものもお薬になるのは知りませんでした。

<親の感想>
漢方が普通の食べ物と境がないこと、普段の食事の重要性を改めて感じて、胸が痛かったです。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX