• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
104.潤いアップで体の乾燥を予防
投稿日時: 2010-11-16 10:47:36 (2316 ヒット)

−猛暑が過ぎ去って、ほっとしたのもつかの間、今度は肌の乾燥に悩まされています。のども乾燥して体調が優れません。何かいい漢方があれば、教えてください。
       (32歳・女性)
夏の暑さも落ち着き、爽やかな秋を感じるようになると、”乾燥”によるトラブルが起こりやすくなるので油断禁物。
夏の間に‖舂未糧汗⇔篷爾砲茲詒乕罎悗良蘆喚暑さによる睡眠不足の笋燭い發里亮茲蠅垢−などがあると、体の潤いを維持できなくなり、秋は通常以上に乾燥に悩まされます。
この乾燥は、肌はもちろん、のど、鼻、口、髪、目の乾き、腸管の乾燥による便秘、女性の膣(ちつ)分泌液の不足をも引き起こします。また、乾燥によって体表の防衛力が失われ、免疫力が落ちて、風邪・インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなることも。細菌やウイルスから体を守るためにも、潤いは必要なのです。>
潤いをもたらす主な食材は、ゴマ、レンコン、キノコ類、キクラゲ、ユリネ、ナシ、ビワ、豆乳、はちみつなど。そして甘酸っぱい味を食事に取り入れるとよいでしょう。
また漢方では、「百合(びゃくごう・百合の根)」「北沙参(きたしゃじん)」「玉竹(ぎょくちく)」が成分の、ほんのり甘い「百潤露(ひゃくじゅんろ)」を用いるとよいでしょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX