• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
109.”飲むカイロ”で冷え対策
投稿日時: 2011-03-15 12:08:06 (2777 ヒット)

ー春が近づき、寒さも和らいできたのに、私の冷え性はいっこうに良くなりません。寒くて寝付けないほど、ひどくて悩んでいます。         (30歳・女性)
 日本に来ている中医師(中国の漢方医師)が口をそろえて戒めるのは、生食を好む日本人の食生活。キュウリやトマトですらいためて食べる中国の人から見ると、心配でならないそうです。
 中国では、食べ物を「温める作用を持つ」「冷やす作用を持つ」「どちらでもない」の3つに分け、冬は温性の野菜や肉類を食べることで厳しい寒さに、逆に夏は、生野菜などの寒性の食べ物で暑さに対応します。
 中国漢方の主な冷え性対策は、血液循環を良くするほか、全身の陽気(エネルギー)を高め、血液の量を増やすこと。貧血気味の人の血液を増やし、血行を促進する漢方薬では、当帰が主薬の「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」をよく使います。
また当帰とショウガの入った「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」も、日本でおなじみの漢方です。腎の働きを補い、体力増強に効果のある鹿茸(ろくじょう、鹿の幼角)と人参を配合した「参茸補血丸(さんじょうほけつがん)」も、陽気(エネルギー)不足が顕著な人にはお薦め。
 気血を補い、全身の機能を高めて体をしんから温める、”飲むカイロ”ともいうべき中国漢方と食生活の見直しで、冷え対策をしましょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX