• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
119. のどが痛む風邪・インフルエンザに銀翹散
投稿日時: 2012-01-10 14:19:51 (2705 ヒット)

−私の場合「のどが少しおかしいな」と思ったら、風邪の始まりです。のどを使う仕事をしているので、よい対策があれば教えてください。(41歳・女性)
 寒さも本番。風邪かな?と思ったら、できるだけ早く症状に合った漢方を服用することが大切です。質問者の方のように、のどの痛みから始まる風邪には、天津感冒片・処方名=銀翹散(ぎんぎょうさん)をオススメしています。
 最近テレビCMでも紹介されている銀翹散は、のどの違和感や、インフルエンザによる急な発熱などに有効とされる漢方薬で、抗ウイルスの漢方とよばれる板藍(ばんらん)根のお茶と併用すると、さらによいでしょう。
 また、銀翹散は病院で出される漢方にはない処方なので、薬局で購入して常備しておくとよいでしょう。
 しかし、何といっても風邪をひかないためには、睡眠と栄養をしっかり取り、人ごみをなるべく避けることが一番です。十分な睡眠と栄養は体の防衛力を高め、ウイルスに感染しにくく、感染しても症状を軽くするためには欠かせません。
 板藍(ばんらん)根のお茶は、普段からの風邪対策として、このシーズンは、外出前と帰宅後にずっと飲み続けてください。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX