• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
11.ごちそうの食べ過ぎにはサンザシ
投稿日時: 2003-01-30 16:55:17 (3308 ヒット)

 正月明けともなると、年末からのケーキやお肉など脂肪分の多いごちそうの食べ過ぎから、胃もたれや消化不良を訴える人が増えてきます。体重も気になるという、心当たりの方も多いのでは?

肉類や、脂っこいものの消化を助けるものとして覚えておきたいものに、山査子(サンザシ)があります。

 山査子は中国原産のバラ科の低木で、日本では5月から6月に咲き,白またはピンクの花を観賞するために栽培されています。

 果実は甘酸っぱく、中国ではポピラーなおやつです。寒くなると街角で山査子あめを売る露天商をよく見掛けるようになり、冬の風物詩として親しまれています。またその実は漢方薬の原料にもなり、乾燥果実を煎じて、消化不良,健胃整腸、二日酔い防止などに用いられてきました。

 最近、この山査子の効用に関する研究が進み、食欲増進や消化吸収を助けるだけでなく、コレステロールを正常にし、過剰な脂質を減少させることも分かってきています。

コレステロールが心配な人や胃もたれや口臭が気になる人は、日ごろから山査子をお茶として利用します。またこの山査子と麦芽、神麹(しんきく・小麦や小豆、コウジなどを発酵させたもの)を炒って合わせたものを焦三仙(しょうさんせん)といい、植物性酵素食品として飽食の現代人の常備薬にお勧めです




印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX