• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
129.頑固な痛み・しびれに「独歩顆粒」
投稿日時: 2012-11-08 11:24:14 (2136 ヒット)

―秋から冬にかけて、毎年腰痛・関節痛が悪化します。痛いだけで済まず、歩行もつらくなってきたら困ります(64歳・女性)
 冷えと湿気が原因で、腰、関節、下肢などの痛みに悩まされる人が多くなる季節ですね。
 中国では古来から「腰は腎の府」という言い方があり、腰と腎は密接に関係し、腎の衰えは腰痛となって表れやすくなると考えます。
 また高齢になるなど、何らかの原因で体が虚弱になると、その弱りに乗じて寒さや湿気などの外敵が体内に入り込み、気血の流れを阻害し、痛みやしびれを生じさせます。この場合、寒さや湿気などによる邪気(じゃき)を除去し、詰まりを改善する必要があります。
 そこで注目したいのが、先月の薬草クイズにもあった山菜の独活(ウド)を主薬とする「独歩顆粒(どっぽかりゅう)」。
 消炎、鎮痛と関係したホルモンの分泌を促す腎機能を高め、痛みを悪化させる寒さ・湿気などの邪気から体を守り、頑固な痛み、しびれを和らげてくれます。
 日本人は、国際的にも”弱腰”と言われますが、寝たきりにならないためにも、”本腰”を入れて治したいものです。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX