• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
130.眠くならない風邪・インフルエンザ対策
投稿日時: 2012-12-14 15:19:16 (1454 ヒット)

−主人は仕事柄、車の運転をよくします。風邪を引くと、「眠くなるから薬は飲まない」と言い、よく風邪をこじらせます。(46歳・女性)
 急に冷え込み、咳(せき)をしている人が増えてきました。まずは、風邪をひき込まないための防衛策”睡眠・3度の食事・部屋の加湿”人混みを避け、うがい、手洗いをしっかり”を心掛けましょう。
 そしてさらに、漢方の知恵を持っていたら、アブラナ科・ホソバタイセイの根で、抗ウイルスの漢方と呼ばれる「板藍根(ばんらんこん)」のお茶を飲んでおきましょう。眠くならず、車の運転や勉強に支障が出ないので、仕事中や受験生も安心できますね。また、板藍根のエキスを練り込んだのどアメもぜひ常備してください。
 万一、風邪をひいてしまった場合は、ゾクゾクは「葛根湯(かっこんとう)」、のどがカッカッとしたら「銀翹散(ぎんぎょうさん)」、ムカムカは「かっ香正気散(こうしょうきさん)」−を、症状に合わせて、板藍茶と一緒にできるだけ早く飲みましょう。
 風邪やインフルエンザを持ちこまないように家族みんなで”板藍ブロック!”を心掛け、冬を乗り越えてください。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX