• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
139・夏の疲れと乾燥対策
投稿日時: 2013-09-10 10:24:24 (1199 ヒット)

―猛暑で頑張っていた体が、気が抜けたのか、今ごろ疲れが出てきました。空気も急に乾燥し、肌の調子も優れません。(34歳・女性)
 朝晩が涼しくなり、日中も空気が乾燥し、随分過ごしやすくなりました。しかしこの時季、女性にとって”乾燥”は大敵です。
 夏の間の大量の発汗、冷房による皮膚への負担、暑さによる睡眠不足、冷たいもの過剰摂取は、体の潤い維持が難しくなり、秋はいつも以上に乾燥に悩まされがちに。肌はもちろん、のど、鼻、口、髪、目の乾き、腸管の乾燥による便秘、女性の膣(ちつ)分泌液の不足をも引き起こします。また、乾燥によって体表の防衛力が失われ、免疫力が落ち、風邪・インフルエンザなどの感染症にかかりやすくなることも。
 このコラムにもたびたび登場する麦味参顆粒(生脈散)は、肌の乾燥に効果的な漢方。失われた体液を補い、潤いのある肌へと導いてくれます。保湿と消炎を同時にできる漢方保湿クリーム「瑞花露(すいかろ)」も有効。
 また、のどや鼻の乾燥には「潤肺糖槳(じゅんぱいとうしょう)」、口内の乾きには「八仙丸」、コロコロ便には「潤腸湯(じゅんちょうとう)」、目の乾きには「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」肌や膣の乾きには「沙棘(さーじ)」、乾燥による手足の火照り、のぼせには「知柏地黄丸(ちばくじおうがん)」がお薦めです。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX