• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
14.食卓の"五つの味"の不思議
投稿日時: 2003-04-30 17:28:01 (2326 ヒット)

 これまで、いろいろなハーブの話をしてきましたが、その働きを考えるうえでとても大切な味についてお話してみましょう。味には辛・苦・甘・酸・鹹(塩辛い)の5つがあるのはご存知ですか?この5つそれぞれに性質と作用があります。これは料理のバランスにも通じるものです。

 辛い味は、新陳代謝を活発にして、発汗させます。

 苦い味は、熱を冷ましたり、乾燥させたりします。

 甘い味は、元気をつけたり、解毒したり、筋肉など緊張をゆるめてくれます。

 酸い味は、引き締めたり、固めたりして、汗や尿のもれを防いでくれます。

 塩辛い味は、便を柔らかくして下したり、硬いものを緩めたりします。

 身近な例を挙げると、辛いカレーを食べるとカーッと汗をかきます。疲れると甘いものが欲しくなります。魚は酢で締めます。胃薬は苦いし、食材を塩でもむと柔らかくなりますね。

 沖縄のゴーヤは苦味で有名な野菜ですが、暑い沖縄だからこそ最適な食材なのです。その地の旬のものを食べるということがいかに大切かお分かりいただけたでしょうか。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX