• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
156.漢方で「血管力」を高めよう
投稿日時: 2015-02-09 14:04:44 (961 ヒット)

 ―昨年暮れ、58歳の義理の兄が脳梗塞で救急搬送されましたが、今は普通の生活に戻れてほっとしています。再発予防のため病院の治療と併用できる漢方はありますか。(50代・女性)
寒さ厳しい今の時期は特に心配でしょう。突然死の原因となる脳や心臓の病気に関係し
ているのが血管です。血液サラサラも大切ですが、最近話題に上るのが「血管力」のアップです。
 太い血管の循環を保つことは命にかかわるだけに現代医学が得意としますが、毛細血管の流れに対しては現代医学よりも漢方の方が得意です。
 血管力アップの方法として注目したいのが、血管内皮細胞から分泌される一酸化窒素(NO)。NOの産生が血管力を高めることが分かってきたのです。血管マッサージやストレッチ、青魚の摂取などもNOに働きかけますが、漢方薬の中にも血管壁でNOを増やすものがあります。駆瘀(お)血薬(瘀血は滞った血のこと)といわれるもので、高血圧や頭痛、肩凝りの改善と共に微小循環障害の改善に役立つのが、丹参(たんじん)を主成分とする冠元顆粒(かんげんかりゅう)。肩凝り、頭痛などは、末梢循環不良の黄色信号だけに、太い血管を詰まらせる前に、日々「血管力」アップを心掛けましょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX