• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
178.ネットで話題の爛僖鵐世里里桧鮫
投稿日時: 2016-12-02 12:30:11 (593 ヒット)

 ―今年はインフルエンザの流行が例年より早いようで、対策をネットで調べていたら、ツイッターで話題の漢方ののど飴(あめ)が目に止まりました。どんな飴なのか気になります。(30歳・女性)

 「ツイッターで話題になっていたので、私も試したい」という人が、当薬局にも1週間で3人おられ、問い合わせも増えています。特に今年は首都圏でインフルエンザの流行が早く、「板藍(ばんらん)のど飴」が爛僖鵐世里里桧鮫瓩箸靴謄ぅ鵐拭璽優奪箸馬誕蠅望紊蠅泙靴拭
 板藍のど飴は、抗ウイルス消炎作用を持つ板藍根(アブラナ科・ホソバタイセイの根)のエキスが練り込まれています。
のど飴の良いところは、いつでもポケットから出してなめられる手軽さ。人混みや乗り物の中など換気の悪い所で、周囲の人がセキをしていたり、ノドがおかしいなと感じたとき、マスクとともに即対応できます。
 風邪もインフルエンザも感染予防の基本は免疫力を落とさないこと。同時にウイルスが体内に入り込まないよう素早く狄綺櫚瓩破匹阿海函そうした対策に飴の手軽さが役立っています。外出から帰ったら、うがい・手洗い、板藍茶を飲めばさらなる予防になります。
寒気到来、この冬も漢方で乗り切りましょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX