• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
18.「カッコウ」で体をドライクリーニング
投稿日時: 2003-08-30 17:56:21 (2239 ヒット)

長い梅雨があけてもジメジメ・ムシムシ・・・。不快指数が増加中。この時期にだるくて体調が優れないのは、冷たいものの飲み過ぎなどのせいで、体の中にも湿気がたまっているからです。体内に湿気がたまると、胃腸の働きが鈍くなり、栄養が吸収できず新陳代謝が低下し、これが夏バテや暑気あたりなどの症状となります。

こんなとき、淡い紫色の小さな花を咲かせるシソ科の「カッ香(カッコウ)」が、この湿気を取り除き、新陳代謝を活発にします。いわば”体のドライクリーニング”をしてくれるというわけです。このカッ香が入った漢方に「カッ香正気散」(商品名・勝湿顆粒)があり、中国では家庭の常備薬として知らない人がいないくらいポピュラーなものです。ジュースやビールをがぶがぶ飲んでいる日本人にこそ必要な常備薬といえます。

「どうも最近食欲がない」「若いころほど夏が待ち遠しくなくなった」-。そんな人にはもちろん、「蒸し暑さなんかに負けず今年もガンガン働き、遊ぶぞ」という積極派にも強い味方。夏かぜには以前紹介した「板藍根(ばんらんこん)」と一緒に、食中毒には「スベリヒユ」と一緒に飲めるよう、救急箱や旅行かばんの中に入れて欲しい漢方薬の一つといえるでしょう。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX