• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
19.「ジャノヒゲ」で細胞・粘膜に潤いを
投稿日時: 2003-09-30 17:58:22 (2517 ヒット)

 夏が長く続いて、バテバテという方も多いでしょう。汗をいっぱいかくと、体は気(エネルギー)と津液(しんえき・体液のこと)を失い、血液が粘ってつまりやすくなったり、細胞がみずみずしさを失い、皮膚や粘膜が乾燥してしまいます。このような状態のまま、乾燥の季節の秋を迎えてしまうと、呼吸器系では空ぜきが止まらなかったり、肌が荒れたりかゆくなったりしてしまいます。

 こんなときに細胞に元気と潤いを呼び込んでくれるのが、日陰などによくみられる身近な植物。幅2・3ミリのヒゲのような葉が多数出ている「ジャノヒゲ」の根の膨らんだ部分です。漢方では麦門冬(ばくもんどう)と呼びます。「竜のヒゲ」とか、県内では「クスダマ」と呼びます。濃青色の種子で「クスダマ鉄砲」をして遊んだ記憶のある方も多いかもしれません。

 この「麦門冬」は、漢方の世界ではよく利用されています。夏バテやエコノミークラス症候群の予防に使う「生脈散(しょうみゃくさん、商品名:麦味参顆粒)」、空ぜきやのど痛、妊娠中の咳には「麦門冬湯」、口の渇きや皮膚乾燥がある糖尿病やアトピーに「麦味地黄丸(ばくみじおうがん、商品名:八仙丸)」などを使います。秋から冬にかけては、体は乾燥し過ぎないように潤わせておくことが必要です。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX