• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
23.神経痛やリウマチの痛みを取る「独活(ウド)」
投稿日時: 2004-01-30 15:30:38 (3716 ヒット)

 今年は暖冬といわれていますが、神経痛やリウマチに悩んでいる人にとってはつらい季節です。

 漢方では、神経痛やリウマチなどの痛みの疾患を総称して「痺(ひ)症」といいます。

 この痺とは「詰まって通じない」という意味があります。高齢になったり、何らかの原因で体が虚弱になると、その弱りに乗じて寒さや湿気などの外敵が体内に入り込み、気血の流れを阻害し、痛みやしびれが生じている状態のこと。

 これらの寒さや湿気などによる邪気(じゃき)を除去して、詰まりを通じ、足腰や背中の痛み・関節痛・下肢のしびれなどを改善してくれるオリエンタルハーブの一つに「独活(どっかつ)」があります。

 や山菜としておなじみのウドのことです。「ウドの大木」と言われ、役に立たないものの代名詞のように言われていますが、いえいえ薬用としてはなかなか有用で、根茎部は古くから漢方薬として用いられます。

 この独活を主役とする鎮痛の中国漢方薬に「独歩丸(どっぽがん)」があります。リウマチを悪化させる風・寒さ・湿気などの悪天候から、体を守る働きがあります。「冷えると痛む」「雨の日は調子が悪い」という人に「いつまでも独(ひと)りで歩きたい」という望みをかなえてくれる強い味方です。

 また日本ではあまりなじみがありませんが、中国ではリウマチに「食用アリのの漢方薬」をよく使います。アリはミネラル(亜鉛・カルシウムなど)やアミノ酸を豊富に含み、優れた抗炎症・鎮痛作用を持っています。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX