• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
26.「食用アリ」の漢方とは
投稿日時: 2004-04-30 15:49:56 (4995 ヒット)

 漢方に「食用アリ」があります。

日本ではあまりなじみがありませんが、中国では約3000年ほど前から滋養強壮食品として活用されていたようです。30年前からは医師が処方する薬として使われています。

 どうしてアリが良いのでしょうか。

アリは、5年?20年の長寿の昆虫。自分の体重の400倍の物を持ち上げるとも。この驚異的なパワーの秘密は、アリが持っているミネラル(亜鉛・マグネシウムなど)やアミノ酸・タンパク質などバランスの取れた栄養素によると考えられています。

 優れた抗炎症・鎮痛作用をはじめ、近年の研究では免疫機能を調節し、過剰な免疫反応を抑える働きがあるので関節リウマチの治療に繁用されているのです。

 健康に良いと分かってもアリを食べるのは抵抗がありますよね。

日本で漢方として使用されるものは、中国南部の広西・雲南で養殖している「疑黒多刺蟻」という黒アリ。そのまま食べるのではなく、アリの粉末にハトムギ・葛(クズ)などの植物成分を配合した飲みやすい錠剤タイプで販売されています。

男性不妊や老化防止、血行改善にも効果があると注目を集めるアリは、慢性肝炎の治療にも利用されているようです。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX