• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
32.乾燥肌のかゆみを抑える漢方薬
投稿日時: 2004-10-30 16:25:35 (6174 ヒット)

 秋口から春先にかけて、肌がかさつきかゆくてたまりません。といわれる方がおられます。これからの季節、お年寄りやアトピーの子供さんなど皮膚の乾燥とかゆみに悩まされる方は多いようですね。寝ている間にかきむしって化のうしたり傷跡が残ったりします。

漢方でどのような処方があるかですが・・・

赤みや熱感がなく、乾燥とかゆみが強いときは「当帰飲子(とうきいんし)」を、乾燥とともに若干の赤みや熱感がある場合は「温清飲(うんせいいん)」を飲みます。

そしてお勧めしたいのが漢方の入浴剤。ヨモギを主成分に皮膚の血行を良くする当帰(とうき)、保湿しながら炎症を抑える地黄(じおう)、そして炎症に効果的な甘草(かんぞう)などを配合して作ります。すべて飲むことのできる薬草ですから赤ちゃんにもどうぞ。湯冷めしにくく、肌もしっとりします。

また保湿と消炎を同時にできる漢方保湿クリーム「瑞花露(すいかろ)」は、顔から全身までOK。入浴後のサポートとして併用すれば効果的です。

ポイントは「飲んで、入って、塗る」ことです。

ただし患部がジュクジュクしたり真っ赤にただれている場合は、薬草の配合を変えたり症状に合わせて使うことが大切です。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX