• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
40.中国漢方でダイエット
投稿日時: 2005-06-30 17:21:13 (3390 ヒット)

 最近、雑誌で漢方ダイエットが紹介されています。中国漢方では、ただ体重を落とすだけでなく「筋肉」「水」「脂肪」のバランスを整え、太りにくい体質をつくることを考えます。そのためにはまず自分の体質をよく知ること。太った原因を明らかにすることが大切なんです。

 体質別の対処法ですが。

あまり食べないのに太る、体重の割に体脂肪が多く基礎代謝が低い人はエネルギー不足の「気虚」タイプ。良質のタンパク質、栄養素をとり、代謝を上げて脂肪を燃やすことが大切です。またコレステロールや中性脂肪が高く血の流れが悪い「お血(おけつ)」タイプは、低脂肪・良質のタンパク摂取を心掛け、下半身を中心とした体操やウオーキングがお勧め。

具体的な服用方法ですが。

タイプ別に漢方薬とお茶を組み合わせます。「気虚」タイプは代謝を良くする「香砂六君子湯(こうしゃりっくんしとう)」と、中国では家畜に与えるとやせてしまうという痩羊草が入った「三爽茶(さんそうちゃ)」を。またお酒や甘いもの、脂っこいものが好きな人には「温胆湯(うんたんとう)」という漢方薬に消化を助ける「「三仙茶」を併せます。




印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX