• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
43.漢方の香りの効果について
投稿日時: 2005-09-30 17:40:24 (3527 ヒット)

 ハーブの入浴剤が好きです。ゆったりと香りに包まれると、疲れもストレスも緩和される気がします。漢方では香りの効果をどのように考えているのですか。

今、アロマテラピーと呼ばれる芳香療法やハーブ(香草)が注目されていますが、漢方でも香りの効果は大切だと考えます。最近の漢方薬は顆粒(かりゅう)や錠剤ものが増え、においが気にならなくなっていますが、その隠された香りにも効果があるのです。


「香気(こうき)」という言葉もあるように、香りは”気”の巡りを良くしてくれます。気が沈む、気がめいる・・・という風に使われる”気”です。ストレスなどで”気”が停滞すると、血の流れが悪くなり、自律神経系の疾患の原因になります。

 ”気”の治療の漢方ですが

中国漢方には「開気丸(かいきがん)」という、気を開いてくれるものがあります。

 これには沈香(ちんこう)、木香(もっこう)という、香りの強い薬草がいっぱい含まれていて、アロマを凝縮したような漢方です。ただし香りの強いものは、血の流れに影響するので、妊婦の方は慎重に、専門家に相談してから使用しましょう。




印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX