• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
45.風邪を引かない・引き込まない漢方
投稿日時: 2005-11-30 17:52:37 (2209 ヒット)

ー家族の中で私だけ風邪を引きやすく困っています。(40歳女性)

ウイルスや細菌などの外敵を防ぐために、私たちの体には皮膚や粘膜に「バリア」が張り巡らされています。中医学ではこれを衛気(えいき)といいます。衛気の弱い人が風邪を引いたりこじらせやすく、また温度変化に弱いので季節の変わり目に体調を崩しがちになるのです。



ー良い漢方があれば教えてください。

中国には、びょうぶを立てて外敵が体に侵入するのを防ぐ意味の「玉屏風散(ぎょくへいふうさん)」という衛気を強める漢方があります。この玉屏風散は「衛益顆粒」の名前で顆粒でも販売されています。

 しかしこの衛気でも防衛しきれないほどのウイルスや細菌が攻め込んできたときは、戦わなければいけません。このときに役立つのが板藍茶(ばんらんちゃ)。アブラナ科ホソバタイセイの根のお茶です。風邪シーズンには家庭で飲むお茶に混ぜたり、うがいをすると風邪の予防になります。外出するときはエキスが練りこまれたあめをなめておくと良いでしょう。すでに引いてしまった人は、板藍茶で風邪薬を飲むと効果的です。 




印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX