• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
47."アブラナ科の板藍根を"
投稿日時: 2006-01-30 18:02:40 (2859 ヒット)

先月の「風邪の予防には板藍茶(ばんらんちゃ)が効果的という内容についての質問です。

ー購入してみたいのですが、「板藍根」という商品がたくさんあり、どれを選べばいいのか分かりません。(45歳・女性)


前回紹介した板藍茶は、板藍根のエキスを粉末にしたものですが、実は板藍根には起源植物が2種あります。薬草の卸業者でも誤ることがあり、少し前までは業界でも見解が一致していませんでした。

 現在、風邪予防などに効果を発揮しているのはアブラナ科のホソバタイセイです。従って成分に、ホソバタイセイの根がどのくらい含まれているかが重要となってきます。

 手軽に始められる板藍茶のほか、携帯に便利なのどあめなどもありますが、選ぶ際には成分をしっかりこ確認してください。

 テレビ番組で板藍根が取り上げられるなど、多くの方に知っていただけるのはよいことです。しかし、板藍根は日本では食品扱いとなるため、これに便乗した商品が氾濫(はんらん)する恐れがあります。

 間違った起源植物のものや成分が薄いものが出回り、結果的に「板藍根ってぜんぜん効かないね」と誤解されてしまうことも懸念されます。

 ブームに踊らされず、きちんとした漢方専門のメーカーの商品を必要量使うことが大切。体質と症状に合った的確な漢方を服用するためにも、必ず専門家に相談するようにしましょう。




印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX