• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
1.漢方の知恵袋
61.逆むけ対策には脾の強化を
投稿日時: 2007-03-30 14:38:03 (4211 ヒット)

ーマニキュアを塗って指先のオシャレをしたいのですが、逆むけがひどくてできません。指先をキレイにする漢方はありませんか。(22歳・女性)

 「逆むけは親不孝の証し」なんて子供のころ言われた記憶がありますが、実は親不孝ではなく、「脾(ひ)」が弱っている?という健康状態の現れなのです。

  中国漢方でいう脾は、胃腸の消化機能全般の働きのこと。この脾が元気のもと「気(エネルギー)」を生み出し、全身に栄養を行きわたらせます。”脾弱(ひよわ)”という言葉もあるように、脾が弱いと疲れやすく、お腹が張ったり下痢や軟便になり、唇や肌も荒れます。

 また脾の状態は指先やつめによく現れるので、逆むけだけでなく、指先のつやがなく暗色だったり、つめの生え際の皮膚(甘皮)が硬く角化していると脾が弱っている可能性があります。

 この脾を健やかに保つことが漢方の逆むけ対策。食生活では、冷たいものや油ものを控え、脾を強める食材の代表格であるヤマイモを積極的に取り入れてみましょう。

 漢方薬では、ヤマイモ・ハスの実・ハトムギなどを含有し、大人から子供まで長く飲める健脾散(けんぴさん)がオススメです。健康的な指先を取り戻して、存分に春のオシャレを楽しんでくださいね。




印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX