• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
  
投稿日時: 2016-09-26 09:27:16 (348 ヒット)

 ―夏の暑さは和らいだというのに体はスッキリしません。よい漢方はありませんか。(30歳・女性)

 この時期は急に1日の気温差が激しくなるので牴謄丱騰瓩覆蕕稔狃バテ瓩魑こしている状態かもしれませんね。
 「疲れが取れない」「朝起きづらい」「口やノドが渇く」「食欲がない」「手足がほてる」といった症状は、夏の間の大量の発汗により気(エネルギー)と体液(潤い)を流失、暑さによる睡眠不足、冷たいものの飲み過ぎによる胃腸へのダメージが原因かもしれません。夏よりも秋に不調を感じやすい人は意外に多く、高齢の人は重症化しやすいので食生活や生活習慣を見直すことが大切です。
 人参、麦門冬、五味子が配合された「麦味参顆粒(ばくみさんかりゅう)」は、エネルギーである「気」と体内に必要な潤いである「水」を補ってくれるのでおすすめです。
 もう一つ注意したいのが血管病による突然死。夏の疲れが残っているところで、急に気温が下がると血管も収縮します。心臓のポンプも疲れ血液も濃く、血管も収縮したら大変。過労が避けられない人や高齢の人は、麦味参顆粒に丹参を主成分とする「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」の併用が効果的と思います。
 心臓・血液・血管のケアで秋を爽やかに―。


投稿日時: 2016-08-11 13:42:38 (359 ヒット)

 ―戸外の暑さから逃げ出すように冷房の効いた自宅にこもっているとほっとしますが、そんな状態が続き、体調を崩しやすくなっています。夏の体に最適な漢方はありませんか。(52歳・女性)

 日本の夏は湿度が高く、汗がスッキリ出ないため体内の水分が代謝されずに停滞し、濁った湿気である「湿濁(しつだく)」がたまりやすくなります。湿濁がたまると胃腸の働きが鈍り、栄養が吸収できずに新陳代謝が低下し、夏バテや下痢などを引き起こします。
 この湿濁を取り除き、新陳代謝を高めるのが「勝湿顆粒(しょうしつかりゅう)」の商品名で知られる「藿香正気散(かっこうしょうきさん)」です。その働きは狢里離疋薀ぅリーニング剤瓩里茲Δ覆發里任后
 中国の家庭では常備薬としてポピュラーな藿香正気散は、蒸し暑い季節になると薬局の店頭に一斉に並びます。冷たいジュースやビールをがぶ飲みする日本人にこそ必要
な常備薬なのです。 夏場、食欲が落ちる人はもちろん、逆に暑さに負けずしっかり働き、遊ぶぞ! という人にも強い見方。藿香正気散は、夏風邪には板藍茶と一緒に、食中毒にはスベリヒユのお茶(五行草茶)と一緒に飲めるよう常備し、旅行のお供にもしていただきたい漢方です。


投稿日時: 2016-07-10 09:51:42 (354 ヒット)

 ―耐えがたい真夏日、猛暑日がもうすぐやってきます。外回りの多い営業織の夫、遊びに夢中になる子どもたちの熱中症が心配です。今から取り入れられる漢方はありますか。(50歳・女性)

 屋外で長時間仕事をする人だけでなく、高齢者や糖尿病など持病のある人は、室内にいても熱中症の危険があるだけに注意が必要です。炎天下での庭仕事やゴルフのお父さん、野球、サッカー練習中の子どもたちが突然倒れたという話を聞きますが、外出前に「麦味参(ばくみさん)顆粒」を1包飲んでおくことが熱中症対策になります。スポーツドリンクに数包溶かして持ち歩いている人もいます。働き盛りの人は、微小循環改善作用のある「冠元(かんげん)顆粒」も併せて使います。
 麦味参顆粒は、人参(にんじん)、麦門冬(ばくもんどう)、五味子(ごみし)の3種で構成された薬。人参には汗とともに失われた体力(気=エネルギー)を補い、心臓機能を高める作用があり、麦門冬、五味子には津液(しんえき)という体内で有用な水分を作り出す作用があります。麦味参顆粒と冠元顆粒は中国漢方でも最も強力な組み合わせといえるでしょう。
 普段の生活に漢方を取り入れて家族みんな、今夏も元気に乗り切ってください。


投稿日時: 2016-06-21 10:38:39 (406 ヒット)

 ―梅雨の時季を迎えると神経痛が出ます。また何となく体がだるく、胃腸の調子も優れず憂うつです。良い漢方はありますか。(52歳・女性)
 7月にかけて、猛暑日があったり、逆に長雨で予期せず冷える日も訪れ、「痛くて歩けないし座れない」「外出できないので気がめいる」など、関節痛や神経痛に悩む人が増えてきます。
 狷箸蠅琶發韻覘瓩箸いμ召痢崙畔碚粒」は、痛みやしびれに効果的な中国漢方です。
16種類の生薬(しょうやく)からなる漢方で、リウマチや慢性関節炎、五十肩、腰痛、座骨神経痛などの痛み、しびれに使用され、特に慢性化した人や使い痛み、冷えたとき、雨が降る前、または老化による痛みやだるさにも奏効します。
 また、この時期は冷たい食べ物が多くなり、体内の水分が代謝されずに停滞し、濁った湿気の湿濁(しつだく)が体内にたまることで、胃腸の働きが鈍ることもあります。
栄養も吸収できず新陳代謝が低下し、夏バテとなってしまいます。この湿濁を取り除き、新陳代謝を活発にするのが「勝湿(しょうしつ)顆粒」の名で知られる「藿香(かっこう)正気散」です。中国では夏の常備薬としてポピュラーです。
 湿度コントロールと体温調整をして梅雨を上手に乗り越えてください。


投稿日時: 2016-05-12 15:41:09 (515 ヒット)

 ―「体内年齢」の測定をしたらなんと「90歳超」の数値。普段から元気なので気にしていませんが、「血管年齢」や「血管力」は、若さと美容に関係すると聞いて、とても気になっています。血管力を高める漢方があれば教えてください。(50歳・女性)

 このところのテレビや雑誌などでは「化粧品メーカー各社も注目の血管力」とか「肌の状態は皮膚でなく毛細血管に左右される」などと頻繁に取り上げています。
 命を左右する太い血管の循環を保つことは現代医学が得意なのに対し、毛細血管の流れに関しては漢方の方が得意といえます。地球2週半もの長さの血管が全身の細胞に酸素と栄養を運び、老廃物を持ち帰っています。
 そして、肌の中にはコラーゲンを生成する繊維芽細胞があり、この細胞に栄養がたどり着かないとコラーゲン生成能力が衰え、その結果、肌は弾力を失い、劣化してシミやシワにつながります。
 漢方薬には、活血薬というものがあります。肩凝り、頭痛などの改善と共に微小循環障害の改善に役立つ丹参(たんじん)を主成分とする「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」
がその一つ。
 外からのスキンケアだけでなく、血管力を高めて健康長寿に若さと美しさをプラスしましょう。


« 1 2 3 (4) 5 6 7 ... 47 »
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX