• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
記事一覧
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 
  
投稿日時: 1999-03-30 17:02:04 (1432 ヒット)

なぜ、アレルギー性の病気が増えているのでしょうか。はっきりとした答えはありませんが、生活環境の変化と大きく関連していることは確かです。
本来私たちの体は、外から入ってくるものに抵抗したり、排除するという免疫機能を持っています。ところが何らかの原因でそのバランスが崩れると、自分自身を攻撃したり、過剰に反応したりします。これをアレルギー反応と呼び、皮膚表面
で起きるものを「アトピー性皮膚炎」といいます。 中国漢方での治療は、外的な要因を取り去ることと同時に、ひずんだ体のバランスを整えることが近道だと考えます。
外的要因でいえば、食事の欧米化と冷蔵庫の普及によって増加している「脂」(あぶらもの)、「甘」(甘いもの)、「冷」(冷たいもの)、「生」(生もの)の食べ過ぎが、ひずんだ体質を作り出していると考え、これらを控えます。皮膚炎、鼻炎、ぜん息、などのアレルギーでお悩みの方は一度食生活を見直してください。特に小さなお子さんのいる家庭では、今覚えた嗜(し)好が、これから何十年も続くことになるのだということを認識してください。
また中国漢方では、子供のデリケートな皮膚は主に内臓の未発達からくると考えます。生まれながらの体質は内分泌、免疫などをつかさどる「腎」と関係し、後天的な発育を左右するのは、消化吸収をつかさどる「脾(ひ)」と関連すると考えます。この腎と脾を強くしたり、バランスを整えることで内的改善を行います。
このとき、腎を強くするために使用する漢方の代表格が「八仙丸(はっせんがん)」で、脾を強くするのが「補中益気丸(ほちゅうえっきがん)」です。


投稿日時: 1999-02-28 16:30:12 (1881 ヒット)

生まれたての赤ん坊の血液はとてもきれいですが、いつの間にか血液はネバネバと粘着性を増し、濁り、流れにくくなります。また、血管ももろくなり、目詰まりも目立ってきます。こうして隅々にまでいけなくなった血液は老廃物を捨てることさえできません。人は血液循環の悪化から老化し始めるともいわれます。健康な状態で長生きするためには、血管の掃除、強化はとても大切なのです。
ガンに続いて高い死亡率を占める脳血管障害、心筋こうそく、狭心症を始め、糖尿病の合併症なども血液循環不良によるもの。そして、女性の悩みの子宮筋腫(しゅ)、子宮内膜症、生理痛などの血の道といわれる病気も増える傾向にあります。
では血液をサラサラにするにはどうすればいいのでしょうか。川の流れと同じで、質、量
を整え、適度な勢いを与えることが必要。 まず体を動かすことが血液をめぐらす最も簡単な方法。食べ物では、血栓(せん)の予防効果
が高いとされるイワシやサバのような青魚がお勧め。ニンニク、ニラ、ネギ、セロリなど、香りのある野菜にも血液をサラサラにする働きがあります。
そして中国漢方では、「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」を使います。これは、中国が故周恩来首相の指示で国家プロジェクトとして研究開発した「冠心・号方」を日本人向けに使いやすく改良した漢方。丹参(たんじん)、紅花(こうか)、センキュウ、シャクヤクなどの8種類の生薬から作られており、微小循環改善(冷え・しびれ)、降圧作用や鎮痛作用(頭痛・肩こり)、血管性痴ほうの予防などの循環改善を目標にした漢方薬です。他の新薬と併用して飲むこともできます。


投稿日時: 1999-01-30 16:22:52 (1646 ヒット)

高齢社会を健やかに生きるために、中国漢方が提案しているのは脳と血管の老化を防ぐことです。痴ほうの原因も、この脳と血管の老化といわれています。
では、脳の老化がどうして進むのかというと、それは「お血(おけつ)」と「腎虚」によります。お血とは血液の流れが悪い状態をいい、腎虚とはホルモン系・泌尿器生殖器系・免疫系などの「腎」の働きの低下を意味し、いわゆる生命力全般
の低下をいいます。物忘れなどの症状とともに足腰のだるさ、脱毛、白髪、歯や骨の弱りなども腎虚の症状です。
お血には、漢方薬の中でも、全身の血流を改善する働きがある「冠元顆粒(かんげんかりゅう)」を使います。お血改善の効果 の高い食べ物としては、イワシ、サバなどの青魚が挙げられます。また、香りのある野菜、ニンニク、シソ、ニラ、セロリなどにも血の流れを良くする働きがあります。
腎虚には、腎の働きを補う「海馬補腎丸(かいまほじんがん)」を使います。また中国漢方の五臓の色体表によると、腎には黒い色の食べ物が良いと考えるので、黒豆、黒ゴマ、昆布などを食べるようにしましょう。また痴ほう予防に、実の形が脳に似ていて[健脳食]といわれるクルミを食べることもお勧めします。


投稿日時: 1998-12-30 16:26:33 (1475 ヒット)

漢方の風邪薬といえば、皆さんご存知なのが葛根湯(かっこんとう)ですね。でも葛根湯だけが風邪薬ではありません。?ぞくぞく寒気がして肩が凝ったり頭痛がする風邪?のどが痛み、熱っぽい風邪?おう吐・下痢を伴う風邪と、大きく分けても3種類はあります。
この中で葛根湯が効くのは?の風邪。体を温めて治す場合に使います。逆に、?のように熱っぽくて炎症があるときには、炎症を抑え、熱を発散させる「天津感冒片(てんしんかんぼうへん)」を使います。?の風邪には、水分の代謝を整える「勝湿(しょうしつ)顆(か)粒」を使います。 ところで、間もなく今年もインフルエンザが流行する季節がやってきます。予防をするには、うがいや手洗いなどの日々の注意が必要ですが、漢方にも抗ウイルス作用のあるお茶があることをご存知でしょうか。[漢方の抗生物質]とも呼ばれる「板藍茶(ばんらんちゃ)」です。 これは板藍根のエキスを顆粒状にし、お茶として手軽に飲めるようにしたもの。うがいに使うなど予防にもなり、前述の漢方薬や市販の薬と併用して飲むこともできます。中国では家庭常備薬として備えられているポピュラーなお茶です。


投稿日時: 1998-11-30 16:13:54 (1579 ヒット)

中国で美人といえば楊貴妃。中国の女性はチャイナドレスが似合い、スリムで肌がきれいというイメージはありませんか?中国漢方は、病気の治療や健康維持のためだけでなく、いつまでも元気でみずみずしい肌を保ち、心身ともに美しくありたいと願う女性のためにもあります。
女性は初潮を迎えると、いろいろなホルモンがあふれ、美しくなっていきますが、逆に生理が乱れると肌や体の調子を崩してしまいます。またこれから冬には、肌がかさつく、髪がぱさつくなど、体の中も外も異常乾燥注意報が発令されます。
これらの症状の改善のために、体の潤いの源である血液や体液を補う必要があると中国漢方では考えます。
そこでお勧めしたいのは、栄養の豊かさから[海のミルク]ともいわれる、冬が旬(しゅん)のカキ。滋養養血作用があります。
そして、中国の女性が愛用し、[女性の宝]といわれる薬草「当帰」をふんだんに含むのが、「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」です。(婦宝 試飲サンプル)女性にとって大切な「血」を補い、月経不順、貧血、冷え、シミ、目の下のクマなどを改善したり、肌や髪をみずみずしくし、女性本来の美しさを引き出してくれます。シロップ状なのでお湯で薄めて気軽に飲めます。


« 1 ... 44 45 46 (47) 48 »
トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX