• トップページ
  • お店の地図
  • スタッフ紹介
  • 悩み症状一覧
  • 無料資料配付
  • 0120-281128
ふたば漢方薬局
FAX.(086)241-1615
岡山市北区野田 3-16-31
営業時間/ 9:00 - 19:00
定休日/日曜・祝日・土曜日午後



商品検索(ひらがな対応)[#9EF3B8;border-top:0px;

症状別文字検索対応
検索オプション
メニュー[#63B669;border-top:0px;
はじめての方

送料・お支払方法[#9191DB;border-top:0px;
7000円以上送料無料
訪問販売法に基づく表示

●クレジット・e-コレクト
利用できるカード会社
利用できるカード会社
※ 通常代金引換もあります。

●お振込・コンビニ決算


業務上知り得た情報を許可なく第3者に提供する事は致しませんので安心してお取引下さい。

当サイトの情報はSSLを用いて、暗号化されています
お問い合せ[#C8A0DD;border-top:0px;
⇒お問い合わせはこちら
はじめての方

 

検索結果

キーワード: イライラ (1 〜 20 件目を表示)
リビング記事

リビング記事199.不眠にすぐ飲める漢方ゼリー
yamada (2018-9-19 11:48:20)

... ・女性) 先月、こむら返りに芍薬甘草湯ゼリーを携帯するお話をしました。同じように携帯に便利な漢方ゼリーとなっているのが、不眠やイライラに使う抑肝散(よくかんさん)です。お医者さんがよく使う漢方薬ベスト3に入るこの漢方薬は、病院では水で飲む顆粒剤で処方 ...
リビング記事193.春は自律神経の整えを
yamada (2018-4-23 15:24:31)
... 優れた鎮痛作用があります。 さらに、目が疲れやすくなったり、血圧が急に上昇したりした人には「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」、イライラや不安から生理が乱れるようなときは「逍遥(しょうよう)丸」がお勧めです。
リビング記事181.春のストレス、イライラ・・・に逍遥丸!
yamada (2017-3-23 12:23:14)
―最近夫は、職場で何かあったのか、すぐに家族に不満をぶつけます。そのため、私までイライラして肩の筋肉がこわばって心臓が高鳴り、胃が痛みます。よい漢方はないですか。(45歳・主婦) ご夫婦で心身が不調というわけですね。春は人事異動、子どもの入学や進級、就職な ...
リビング記事179.あなたも漢方で牴知霏从瓩
yamada (2017-1-6 14:26:02)
 ―毎日イライラして、すぐにカッと頭に血が上るのが分かります。家族から更年期障害かもしれないねと言われ、抜け毛、白髪も増えてずっと気分が優れません。漢方で防げますか。(55歳・女性) 更年期の症状はとても多様で個人差があります。漢方医学では、ゝい僚笋蠅悪 ...
リビング記事158.春は肝 肝は目に孔を開く
yamada (2015-4-10 14:35:56)
... 、栄養が行きわたらなくなり目が乾いたり、かすんだり、疲れやすくなったりします。ひどくなると頭痛、肩凝り、精神不安も引き起こし、イライラ、うつ状態、女性の場合は生理不順を招くことも少なくありません。 牋む目薬〞とも呼ばれる漢方薬が「杞菊地黄丸( ...
リビング記事147.環境の変化で起こる「五月病」
yamada (2014-5-9 9:51:07)
... いていけない「五月病」。 新しい職場になじめないストレスで肝の気が停滞し、高ぶる人がいます。若い人や体力のある人に多くみられ、イライラしたり、怒りっぽくなったり、攻撃的な精神状態になりやすいこともあります。消化器系にも異常が現れ、胃やわき腹が痛む、ガ ...
リビング記事146.狃嫐俺任魍个┐梱瓩里呂困覆里法
yamada (2014-4-7 16:08:04)
... すると粘りっこい珀癲覆燭鵝法匹砲覆蝓体の各部に悪影響を与え、精神に及ぶと、不眠だけでなく、ゆうつ感でやる気が出ない、不安感、イライラなどの症状が現れます。その胸苦しさから、悪夢にうなされることとなります。つまり湿邪と悪夢は密接な関係にあるのです。こ ...
リビング記事141.女性の体は7の倍数が節目
yamada (2013-11-6 14:33:08)
... 予防と治癒の効果は大きく変わってきます。 中医学で更年期の症状は、気の巡りが悪くなり血液の貯蔵庫である”肝”の機能が低下する.ぅ薀ぅ薀織ぅ廖◆百痢匹肇曠襯皀鷏呂瞭きをつかさどる”腎”の機能が低下し、体の潤いが不足する乾燥のぼせタイプ、そして7豺 ...
リビング記事134.肝の養生でストレスに強いからだ作りを
yamada (2013-4-10 10:55:39)
... 多いのは事実です。(39歳・女性) 春は環境変化が多く情緒不安定になりやすい時季です。何となく気分が落ち込む、やる気が出ない、イライラする・・・を放っておくとうつ病や、不眠症、心身症につながることもあります。 春は、ストレスと関係の深い臓器”肝”への ...
リビング記事112. 不眠の改善を促す5つの養生
yamada (2011-6-15 16:44:05)
...  心身は疲れきっているのに眠れないという人には「酸棗仁湯(さんそうにんとう)」、最近、驚きやすくなった、悪夢をよく見る、不安やイライラが強くなった・・・そんな人には「温胆湯(うんたんとう)」を。また、年齢を重ねるにつれ、動悸(どうき)、息切れ、口の渇 ...
リビング記事111.ストレスで体調が悪い人に・・・
yamada (2011-5-14 12:10:43)
... 優れた鎮痛作用があります。 さらに、目が疲れやすくなったり、血圧が急に上昇したりした人には「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」、イライラが強い場合は「逍遥(しょうよう)丸」がお勧めです。
リビング記事86.目の疲れには菊と枸杞(くこ)
yamada (2009-4-13 10:25:46)
... 養が行きわたらなくなり、目が乾いたり、かすんだり、疲れやすくなります。さらにひどくなると、頭痛、肩こり、精神不安を引き起こし、イライラ、うつ状態、女性の場合は生理不順を招くことも。 そんなときには、”飲む目薬”と呼ばれる漢方薬「杞菊地黄丸(こぎくじお ...
リビング記事81.やせすぎて悩んでいる人は・・・
yamada (2008-11-10 11:06:26)
... 燃焼速度が速く、活動的で何を食べても太れません。中国漢方では、この状態を、体液が不足傾向にある「陰虚(いんきょ)」といいます。イライラ、不眠、のぼせなどが見られることが多く、陰虚を改善する「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」、神経のバランスを整える「開 ...
リビング記事63.不眠に悩んでいませんか
brn@edith-web.net (2007-5-30 15:52:28)
... み、メタボリックシンドロームが気になる人は、コレステロールや血圧が高い傾向にあります。驚きやすくなったり、悪夢を見たり、不安やイライラが強くなったり・・・。そんなケースは「温胆湯(うんたんとう)」を処方します。  また、年齢を重ねて次第に、どうき、息切 ...
リビング記事62.春の胃腸障害に「開気丸」(2007年4月掲載)
brn@edith-web.net (2007-5-29 12:32:43)
... ごさく)には、優れた鎮痛作用が。 さらに、目が疲れやすくなったり、血圧が急に上昇した人には「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」、イライラが強い場合は「逍遥(しょうよう)丸」がお勧めです。
リビング記事63.不眠に悩んでいませんか(2007年5月掲載)
brn@edith-web.net (2007-5-29 12:31:46)
... み、メタボリックシンドロームが気になる人は、コレステロールや血圧が高い傾向にあります。驚きやすくなったり、悪夢を見たり、不安やイライラが強くなったり・・・。そんなケースは「温胆湯(うんたんとう)」を処方します。 また、年齢を重ねて次第に、どうき、息切 ...
リビング記事62.春の胃腸障害に「開気丸」
brn@edith-web.net (2007-4-30 15:56:46)
... ごさく)には、優れた鎮痛作用が。  さらに、目が疲れやすくなったり、血圧が急に上昇した人には「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」イライラが強い場合は「逍遥(しょうよう)丸」がお勧めです。
リビング記事49.飲む目薬「杞菊地黄丸」
brn@edith-web.net (2006-3-30 18:05:10)
... 使いすぎると血が消耗されて栄養が行き渡らず、目が乾き、かすみ、疲れやすくなり、さらに頭痛、肩こり、不眠、精神不安を引き起こし、イライラ、うつ状態、女性の場合は生理不順になることもあります。 そこでお勧めなのが”飲む目薬”とも言われる漢方薬「杞菊地黄丸( ...
リビング記事1.目のトラブルには菊の花
brn@edith-web.net (2002-3-1 12:02:00)
... 花が咲き乱れる川の下流には、目のパッチリした美人が多い"―。中国には昔から、そんな言い伝えがあります。  春になると、なぜイライラしたり、不眠になったり、血圧が上がり、目が充血したり、花粉症も混ざって目がかゆくなったりするということはありませんか? ...
リビング記事太りたくても太れなく悩んでいます。
yamada (2001-2-25 14:43:16)
... 速いと言われ、活動的で何を食べても太れません。中国漢方では、このようなタイプを「陰虚(いんきょ=体液が不足傾向)」といいます。イライラ、不眠、のぼせなどが見られることが多く、「杞菊地黄丸(こぎくじおうがん)」で陰虚を改善し、神経のバランスを調える「開 ...

   次のページ >>

search(original)

トップページ  |  お店の紹介  |  スタッフ紹介  |  悩み別症状一覧  |  無料配付資料 個人情報保護方針  |  Powered by ZOX