最近、なんだか重だるい・・・体のドライクリーニングで夏を爽やかに!

『悠・遊漢方』 Vol.10

 ジメジメ 、ジトジト・・・文字にするだけでも重だるくなってくる。加えて体がシャキッとしない。そしてつい手が伸びる、冷たいビール・・・。どうしたらいい?緋田さん!
 「その『重だるい』感じの原因は、身体に『湿濁』が溜まっているからかもしれません。湿濁とは体内の水分が代謝されずに停滞して、汚く濁った湿気になった状態をいいます」と教えてくれたのは、おなじみの『ふたば漢方薬局』薬剤師・緋田哲治さん。
 なるほど湿濁ねえ・・・。見るからにどんよりな字面だ。だが具体的にどこがどう悪くなるのか?
 「まず胃腸の働きが鈍くなるため、食欲がなくなって、時にムカムカしたり下痢したりします。さらに、体がむくんだり、重だるく感じるようになります。日中、冷房の効いたオフィスで汗をかくこともなく仕事をしていたにも関わらず、夜はビールをがぶがぶ・・・そんな方こそ要注意です』と緋田さん。
 冷房にビールって・・・。私、ドンピシャリなんですが・・・対処法は?
 「漢方の『藿香正気散(かっこうしょうきさん)』は湿濁を排除し、むくみや重だるさをやわらげる働きがあります。そういう私も、飲みすぎたかなと思った時にはお世話になっています」。なるほど、それっていわゆる『体のドライクリーニング』か。カラッとドライクリーニングで夏を乗り切る。体、爽やかに!次回は「冷え対策」に関する話。