いまやコラーゲンは当たり前・・・高級食材でめざすはツヤ肌・ツヤ脚!

『悠・遊漢方』 Vol.26

 風呂上りがり・・・家内がしげしげと脚を撫でつつ・・・。「なんだか膝が前よりたるんだような気がする・・・」と。それも加齢のせいだろ・・・と言いそうになったが自重した。家内はアラフォーですが対処法とかありますか?緋田さん。
「だったらハシマ油でしょう。日本ではあまり馴染みのない名前ですが、ハシマ油は蛙の輸卵管のことです。油脂類をほとんど含まず、特殊なムコ多糖体が主成分で、かつては清朝宮廷に献上されていたエイジングケアの高級美容食材として重用されてきました。今でもデザートの素材としてフルーツカクテルなどで珍重されています」。
 ムコ多糖体って・・・?
「ムコ(粘液)多糖とは細胞の周りで水分を蓄えている物質です。コラーゲンとムコ多糖体の違いをソファに例えると・・・コラーゲンがバネやスプリングなどの骨組みなら、ムコ多糖体はスポンジのクッションの役割を果たしています。ハシマ油は双方を含んでいますから、ある意味、艶成分の『完成形』かもしれません」。
 完成形とは・・・他にもメリットが?
「ハシマ油は、肌だけでなく髪のパサつきや膣乾燥、性や気力の改善など、女性特有の悩みにもおすすめです」。
 表面だけでなく、身体のなかからじわぁ~と改善していく感じかな。内面からにじみ出る「気」・・・ああ!それって女優さんや歌舞伎役者がそんな感じ。あの艶っぽさと麗しさ(うるわしさ)がオーラの源泉かな。高級食材ハシマ油で艶カムバック!夫婦で試してみようか。