美と健康の秘密はコラーゲン漢方。腎精(潤いとパワー)が人生を充実!

『悠・遊漢方』 Vol.15

 バリバリ仕事をしながら、家事に趣味に全力投球!という女性が多い時代。私の妻も例外ではなく、毎日がんばっているようだが、責任も増して疲れ気味。イライラしたり、のぼせたり、さらに最近どうもお化粧のノリが悪いとご機嫌斜め。緋田さんSOS~。
 「以前、歳を重ねると漢方で言う腎(泌尿器・ホルモン系)の機能が低下するとお話しました。腎には腎精という重要な物質が蓄えられていて、潤いとパワーはここから生み出されています。腎精が衰えると、疲れやすくなり精力が減退、潤いがなくなり、シワ、シミ、たるみ、またのぼせやイライラが進みます。これは夜型の生活で食事は偏りがち、コーヒーなどのカフェイン好きで、ストレスを抱えた働き盛りの方に多い症状。これに対しては、『亀鹿二仙膠』というコラーゲン成分の入る漢方処方が役立ちます」。キロクニセンコウ?って・・・何ですか?
 「名前の通りです。亀は長命でありながら晩年でも繁殖できる特殊な生態を持ち、『不老長寿』の貴重な素材として珍重されてきました。鹿の角とともに強力に腎精を補うものです。スッポンやフカヒレ料理同様、かつては高貴な者しか摂ることができなかった『美と健康の秘薬』。奥様にはコラーゲンを含む漢方で潤いとパワーを補ってあげてください」。
 なるほど「腎精」か・・・。ん?「じんせい」・・・。そうか!「腎精をしっかり補って人生をもっと充実!」。これだ。そしてもうひとつ叶うなら美と健康プラス、夫婦円満も何とか実現したい!(新婚当時とまでは言わないから・・・笑)。ここは男として愛する妻のためにもうひと踏ん張り。漢方と一緒にがんばってみるか。