太りたいけど、太れない・・・ コレ、贅沢な悩みじゃないんです、実は。

『悠・遊漢方』 Vol.29

 世の中、総じてダイエット指向だけど、私の姪っ子は食べても太りにくいタイプらしく、これはこれで悩みの種。確かにこの前会ったときも、何となく顔色が悪かったような・・・。何か対策ありませんか?緋田さん。
 「食べられると身につくは別で、姪っ子さんのように食べても身につかない人はたくさんいます」。
 身につかないってどういうこと?
「漢方でいうところの『脾(ひ)』が弱っている状態ですね。脾とは脾臓のことではなく、胃腸消化器系のこと。現代風にいうと胃腸の働き、消化吸収力が落ちている状態です。ちなみに昔から虚弱な人を『ひ弱』と言いますが、これは脾の弱い人=『脾弱』から来ていると言われています」。
 なるほど!ガリ勉君(古い!)の代名詞だった「ひ弱」とは「脾弱」だったんですね。知らなかったなぁ。メモメモ・・・。ところで脾弱な状態って、他に表われますか?
「表われます。姪っ子さんですが、爪の甘皮の逆むけや唇の荒れはありませんか?それは栄養が行き届いていないシグナルなんです。弱った胃腸をぜひ漢方でいたわってあげてください」。
 ええ!指先に唇って、よりによってよく目立つところじゃないですか。それにしても年頃の姪っ子がネイルや口元のオシャレが楽しめないなんて・・・。いかん、いかん。それじゃかわいそう過ぎる。ここは身につく漢方で、贅沢な・・・ではなく痩せの悩みを改善だ。早速、姪っ子にメッセージ送るぞ!オシャレ楽しめって。