身も心も清流のごとく清らかに・・・デトックス漢方で体内解毒。

『悠・遊漢方』 Vol.16

 夏本番が近付くほどにビールがうまい!そこまではいいんだが、夜更かし、お酒の飲み過ぎからか疲れが溜まりがち。ときどき原因不明のジンマシンが出たりと・・・。何とかなりませんか、緋田さん~。
「少し肝臓に負担がかかった状態かもしれませんね。肝臓を弱める原因はお酒の飲み過ぎだけではありません。食べ過ぎや夜更かし、長時間のデスクワーク・・・。それに加えて化学物質や食品添加物など、現代社会で否応なしに蓄積していく『毒』が体に悪さをします。健康に暮らすには、その『毒』を解毒する肝臓に負担をかけないことが大切です」と語るのは、ふたば漢方薬局の緋田哲治さん。
 え!『毒』、それってどうしたらいいの?「だからこそデトックスなんです。それも漢方によるデトックス。ちなみにデトックスの意味は、ご存知ですか?」
「デトックス(detox)とは体内に溜まった毒物を排出させること。解毒=detoxi-ficationの略なんですよ!」。
 なるほど・・・で、具体的な対処法は?
「さまざまな毒を避けるとともに、漢方でデトックス。『肝』を養う生薬、カワラタケとマンシュウグルミからできている『木鶏湯』がお奨めです。中国では肝機能改善、肝がん治療にも使われています」。
 モッケイトウ・・・ですか。解毒をすすめ、清流のごとく清らかに・・・といった感じなのかな。これはずいぶん気持ちよさそうだ。よし!私もデトックス漢方で清く正しく体の正常化!いや清浄化!してみるか~。