シワ、くすみは毛細血管に問題あり?内から外からダブル吸収で美肌に。

『悠・遊漢方』 Vol.24

 夏の猛暑、それにともなう紫外線、そして加齢が原因なのか、秋が深まるとシワやくすみが季節の移り変わりと同じく深まっているような気がする・・・。男の私でも気になる昨今、ましてや家内の心境たるや・・・ああ恐い。もう手遅れなんですかね?緋田さん。
「年々強くなる紫外線や不規則な生活や食事、ストレス、もちろん加齢など、肌環境は悪化するばかりです。実際、お肌の悩みは女性だけでなく、男性も気にする人が増えています」と緋田さん。
 実際のところ、漢方でオススメのものはありませんか?
「沙棘(サージ)というグミ科の植物があります。その果実から抽出されるオイルはビタミンEやベータカロテン、不飽和脂肪酸などを豊富に含む、漢方サプリと言えるもので、『美肌油』として珍重されてきました」。
 具体的には・・・お肌にヌリヌリですか。
「カプセルとクリームがあります。実は最近の研究で、肌の衰えは加齢とともに老化していく毛細血管に原因があることが証明されました。そうなるとカプセル(飲む)で内から、クリーム(塗る)で外からという両方向からのケアがより万全です」。
 聞けば沙棘油は、1トンの果実から約2キロしか採れない貴重なものらしい。飲んで内から、塗って外から美肌を引き出すダブルケア。ダブルと言えば、この夏、日本中を熱狂させた卓球・バドミントンのダブルスを思い出すなあ~。目指すは、あの人たちみたいな輝く笑顔。夫婦で試してみるか!