1.目のトラブルには菊の花






"菊の花が咲き乱れる川の下流には、目のパッチリした美人が多い"―。中国には昔から、そんな言い伝えがあります。



 春になると、なぜかイライラしたり、不眠になったり、血圧が上がり、目が充血したり、花粉症も混ざって目がかゆくなったりするということはありませんか?自然界の陽気が盛んになり、今まで冬の間こもっていたものが、一気外に向かって現れてくるのです。

 そこで中国で、春から夏にかけての季節よく飲まれているのが「菊花茶」。菊の花は産地により多種ありますが、お茶用としては杭州産の杭菊花が有名で、目の疲れをとり、頭をスッキリさせるのにとくに効果的といわれています。

 現代はパソコンやテレビゲーム、さらには携帯電話などで目を酷使する人が増えています。漢方では血は目の栄養源、目を使うことで血が消耗されると考えています。長時間、特に夜に目を使いすぎると血が消耗され、栄養が行き渡らなくなり、目が乾いたり、かすんだり、疲れやすくなります。さらには頭痛、肩こり、精神不安も引き起こし、イライラ、うつ状態、女性においては生理不順になったりもします。

 こんなときもやはり「菊花茶」。乾燥した菊の花をそのまま急須に入れ、熱湯で数分浸出させたのち飲みます。ほんのりとした甘味もあり、香りもよく、おいしいお茶で、ウーロン茶などの中国茶などとブレンドしてもOK。花粉症の目のかゆみも和らげてくれます。

さらに効果をアップさせたい方は、クコの実と合わせた杞菊茶(こぎくちゃ)がお勧めです