144.大流行のノロウィルス予防には

-ノロウィルスによる集団食中毒が毎日のようにニュースで取り上げられ、受験生もいるので心配です。効果的な予防策を教えてください。(42歳・女性)

 静岡県浜松市では、児童1000人以上が感染するなど、全国各地でノロウィルスが大流行し、当薬局にも問い合わせが増えています。
 対策の基本は、手洗い・うがい。うがいの後、”抗ウイルスの漢方”と呼ばれ、風邪やインフルエンザ対策でもおなじみの板藍根(ばんらんこん)のお茶を飲んでおくとよいでしょう。実際に飲んでいた方から、周りで流行しているときも感染しにくく、感染しても症状が軽く済んだという声をたくさん聞いています。
 また、人込みに出るときは、板藍根のエキスを練り込んだ「板藍のど飴(あめ)」をお忘れなく。
 ただし、いくら予防していても、寝不足や不摂生で免疫力が低下している方は、感染しやすくなるので要注意です。
 免疫力アップを日ごろから心掛けるのも対策の一つ。先月ご紹介した「L・ロイテリ菌(ラクトバチルスロイテリ)」摂取により、腸内環境の改善とともに免疫力アップ。粒と液タイプがあり、赤ちゃんから高齢の方まで、手軽に摂取できます。
 ノロウイルスや風邪などで胃腸の調子が悪くなったときは、13種類の生薬から成る「かっ香(かっこう)正気散」を板藍茶と併用するとよいでしょう。