181.春のストレス、イライラ・・・に逍遥丸!

―最近夫は、職場で何かあったのか、すぐに家族に不満をぶつけます。
そのため、私までイライラして肩の筋肉がこわばって心臓が高鳴り、胃が痛みます。よい漢方はないですか。(45歳・主婦)

 ご夫婦で心身が不調というわけですね。春は人事異動、子どもの入学や進級、就職など、心配ごとも増える時季。
やる気が出ない、イライラする状態などを放っておくと、うつ病や不眠症、心身症につながります。
 春はストレスと関係の深い臓器〝肝〟への負担が大きくなります。〝肝〟は単に肝臓の働きだけではなく、情緒的な働き、自律神経、運動神経など神経系の働きも有しています。日常生活では、早起きをして太陽の光を浴びましょう。食事面では、春菊、ミツバ、セロリなど香りのある食材で気を巡らせます。ワラビ、タケノコなど旬の野菜や、シジミ、アサリなどは肝の働きを整えます。
 春の時季、ストレスからくるイライラが強い人には、漢方の「逍遥丸(しょうようがん)」がお勧めです。逍遥とは、気ままに歩く、ブラブラ歩くという意味があり、病ではいろいろな症状が出たり消えたりする状態を表します。逍遥丸は、自律神経の乱れに伴う不定愁訴改善とともに、胃腸の機能を整えつつ血液も補う働きを持っています。