38.「沙棘」でアンチエイジング

 最近、TVや新聞広告などで「美肌に効果あり」と沙棘(サージ)が紹介されています。

 従来、漢方は古くさい、苦い、病気を治すものーというイメージがありました。しかし今では健康・若々しい肌づくり、そして年齢を感じさせない美容=アンチエイジングへと幅を広げています。その代表が先月モデルさんが飲んでいると紹介した「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」。そしてこの「沙棘」なのです。

 「沙棘」は中国に自生するグミ科の植物で「サジー」「ゴールデンベリー」とも呼ばれます。その果実から取れる真っ赤な油はヒッポファエオイル、果実植物でもトップクラスのビタミンE、野菜の数倍ものβカロチン、不飽和脂肪酸を含んだ”美肌油”。肌の老化となる体のサビを防ぎ、美肌に役立ちます。

 具体的は利用法ですが、この油は飲んでも塗っても構いません。真赤な宝石のようにきれいなソフトカプセル、またクリームやオイルタイプがあり、乾燥肌・シミ・ニキビ跡など肌のトラブルに利用されるほか、中国では潰瘍(かいよう)にも応用します。(婦宝 試飲サンプル