36.「寒」と「熱」の体質に合わせて効果的な治療で花粉症を撃退

 前回、花粉症の予防についてお話をしました。今回はシーズンに入ってしまった場合の治療方法についてお話します。

 新聞や雑誌でも「花粉の当たり年」と騒がれ、戦々恐々としている方も多いことでしょう。

漢方は「寒」体質と「熱」体質のタイプ別でオーダーメードの治療を行います。

「寒」と「熱」の具体的なタイプですが。

 水っぽい鼻汁が多く鼻詰まり、くしゃみ、のどの痛みななく目も赤くないというのが「寒」体質の人。このタイプには、もっともポピュラーな鼻炎の漢方「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(しょうせいりゅうとう)」が良いでしょう。涙目、くしゃみ、鼻汁、タンや鼻詰まりなどの症状を改善させ、体を温め乾燥させる効果があります。

「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(えいえきかりゅう)」を組み合わせるとさらに効果的です。

 また体は熱っぽく、目・鼻・のどの粘膜が腫れ、目も痒く鼻汁も黄色く粘ついている「熱」体質の人には、「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(てんしんかんぼうへん)」が向いています。

 もちろん、外出の際はマスクをする、帰宅したらうがいをする、布団は外に干さない、など基本的な花粉対策は十分に。

今話題の「https://www.futabakanpo.co.jp/posts/(てんちゃ)」も手軽に利用できますが、商品により品質のバラつきがあるので詳しくはご相談ください。