233.日焼け後にシミ・しわが心配!お勧めの漢方は?

-今年の夏は猛暑だったので、日焼け後のシミ・シワが気になります。漢方での対処法を教えてください。(47歳・女性)

 日焼けは、皮膚のやけど。すなわち炎症です。今年の日差しはすごかったですね。年齢とともに肌の新陳代謝は低下し、日焼けが原因のシミやシワができやすくなります。また、日焼けにより体力が奪われ、免疫力も低下します。日焼け後にシミ・シワができにくい体質を作るためには、体の内側と外側からとのケアが必要となります。
 まずお勧めしたいのが「婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)」。薬草「当帰」をふんだんに含む婦宝当帰膠は、血を補い、月経不順、貧血、冷え、シミなどを緩和。肌や髪の毛の潤いを取り戻し、女性本来の美しさを引き出してくれます。
 次に中国の奥地に自生するグミ科の植物「沙棘(サージ)」も、肌を元気にする効果が期待できます。果実から取れる真っ赤な油は”美肌油”の別名を持ち、肌の再生を促進。強い抗酸化作用があり、肌の老化の原因となる体のサビを防いでくれます。紅沙棘(ホンサージ)は、この美肌油をのカプセルに詰めたもので、手軽に飲めるようになっています。
 また、日焼け後すぐは、ユーカリ、丁子(ちょうじ)、を主に、ヨモギ、キハダ、緑茶を副成分とした漢方消炎スプレーを使用するとよいでしょう。