87.薬の前に食生活の見直しを

ーこの春大学生になり下宿を始めた娘のアトピー性皮膚炎が悪化しているようです。何が原因でしょうか。(46歳・女性)
 環境の変化は、体や心のストレスになりますが、娘さんが今一番注意すべきは、日々の食卓でしょう。携帯電話にはお金をかけても、食事は何でもよいという若者が増えています。薬で治そうとする前に、まずは娘さんの毎日の食事内容を確認してみてください。
 漢方では、五味(酸っぱい・苦い・甘い・辛い・塩辛い)、五色(青・赤・黄・白・黒)といって、味や色のバランスのとれた食事がおいしいのはもちろん、健康にも良いと考えます。また季節の食べ物は、体のバランスを整えるように自然が与えてくれたもの。味や色のバランスとともに旬を大切にした食事を心掛けることが大切です。
 ちなみにアレルギー体質の人は、「冷」冷たいもの、「生」生もの、「甘」甘いもの、「脂」油ものや乳製品を取りすぎないように。ポテトチップスにジュース、アイスクリームでお腹を膨らしていると、アトピー悪化の原因になります。食事の際にはそれらに気を付けること。また、お弁当を作って持ち寄る「弁当の日」活動が小・中学校を中心に全国で広がっている今、五味・五色に配慮した彩りのよいお弁当を手作りしてみるのもいいですね。 大人になってからの食生活は幼いころの食習慣が影響します。ぜひ食卓を見つめ直してください。