163.食中毒に注意、漢方による対策!

 -そもそも暑さに弱いため最近、体がだるく、胃腸の調子を崩しました。夏風邪をひいたのかと思っていたら実は食中毒でした。夏バテや食中毒から体を守る、漢方による対策を教えてください。(42歳・女性)
 腸炎ビブリオ菌に汚染された海産物などを食べて起こる食中毒には、漢方では「藿香正気散」(商品名=勝湿顆粒)プラス、スベリヒユのお茶(五行草茶)で対応します。もし、ウイルス性が疑われる腸炎なら藿香正気散に板藍根(ばんらんこん)、と使い分けます。
 漢方では細菌やウイルスなどの伝染性疾患を〝熱毒〟と呼び、スベリヒユはこの熱毒を解消する働きがあります。急性胃腸炎や慢性の潰瘍(かいよう)性大腸炎、ぼうこ
う炎、尿道炎などにその抗菌力が利用されます。
 風邪の後、なかなか抜けない咳(せき)にも、スベリヒユのお茶を試してみるといいでしょう。また、初秋の食中毒はちょっとした油断で起こるかもしれません。家庭の常備薬として覚えておいてください。
 「藿香正気散」は体が余分に抱えた水分を取り除き胃腸の働きを助けます。食欲が落ち、おう吐や下痢を伴う場合にも効果的。夏風邪? 食中毒? とよく分からないときでも、漢方の早めの対応が役立つでしょう。